<< 労働法(野上 忍) | main |

スポンサーサイト

  • 2010.02.24 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


憲法とは何か

評価:
長谷部 恭男
岩波書店
¥ 735
(2006-04)
Amazonランキング: 59234位

 
JUGEMテーマ:ビジネス

憲法については、左右どちらかの立場から感情的に論じられることが多く、左の立場からは、憲法改正は絶対に認めない、まして9条改正などもっての他、右の立場からは、アメリカが短期間で書き殴った憲法など改正するのが当然、軍隊の存在を認めない9条など真っ先に改正すべき、という論議になりがちです。

この本は、左右どちらの立場にも偏らず、きわめて冷静に、論理的に憲法改正の無意味さ、大統領制よりも、議院内閣制がいかに優れている制度か、を論じています。

9条に関しては、「たしかに自衛のための実力の保持を認めていないかに見えるが、同様に、「一切の表現の自由」を保障する21条も表現活動に対する制約は全く認められていないかに見える。それでも、わいせつ表現や名誉毀損を禁止することが許されないとする非常識な議論は存在しない。21条は特定の問題に対する答えを一義的に決める「準則(rule)ではなく、答えを一定の方向に導こうとする「原理(principle)」にすぎないからである。9条が「原理」ではなく「準則」であるとする解釈は、立憲主義とは相容れない解釈である。」との一文に目を開かれる思いがしました。

単なる感情で改憲を主張する人達(実を言うとこの本を読むまでは、私もその一員でした)に是非一読してもらいたい本です。

スポンサーサイト

  • 2010.02.24 Wednesday
  • -
  • 17:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
小林事務所のご案内
当事務所は東京都内を中心に人事賃金制度の構築、就業規則の作成を主な業務として活躍している特定社会保険労務士事務所です。

特定社会保険労務士 小林事務所
人事労務の問題解決情報センター

電話 042−558−2744
Kobayashi's Blog
メールマガジン
『人事労務の問題解決最新情報室』(ID:0000246597)
□人事労務に関する旬な話題、最新の情報をいちはやくお届けします。
□労使トラブルを未然に防止するための労務管理手法、万が一トラブルが発生したときの最適な解決方法の提示、御社に最適な人事制度や就業規則を創るにはどうしたらいいのか、様々な視点から人事労務管理に関する問題解決策を考察していきます。
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
労働新聞3ヵ月無料試し読み
労働新聞


経営・人事・労務に関する情報満載の週刊「 労働新聞」が今なら、3ヶ月間無料で試し読みできます。厚生労働関係の 助成金法改正の動向がいち早く手に入ります。
また、労使トラブル解決実例、労働判例、人事・賃金制度実例紹介、労務管理実務相談コーナーなど実務に役立つ内容が満載です。
更に購読契約していただくと、 モデル就業規則、各種社内規定、人事制度などの豊富な資料が送料のみで手に入ります。
企業経営者、人事・労務担当者、労働組合役員、社会保険労務士他人事・労務に関心のある方全てにお薦めできます。
▼まずはコチラから無料試読のお申し込みを!!
労働新聞3ヶ月間無料試読申込
労働新聞社書籍1割引サービス

ただいま、労働新聞社の新刊及びお薦めの書籍を送料無料・1割引でご案内しています。

企業の経営者・人事労務担当者・社会保険労務士その他人事労務に感心のある方々にお薦めです!!

この機会に是非ご利用ください。

ご注文は以下のPDFファイルを印刷後、記入、FAXしてください。
労働新聞社実務図書のご案内:PDF

selected entries
categories
archives
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM